2019日本ボディビル選手権観戦記(完結編)

2019年11月11日 1:42 pm

こんにちは、クニイです。

 

日本選手権観戦記、絶対に今回で終わらせます!

 

 

 

前回までに神の中の神が6人出揃いました。

 

では、いよいよ神の中の神の順位発表です!

 

 

 

 

第6位

 

 

 

 

 

 

 

 

狂気の男

 

 

 

 

 

 

 

合戸孝二選手

 

右端の選手です。

とても58歳には見えません。過去には日本一も何度か経験しています。

身体に厚みがあり、横から見た時の胸の盛り上がりはエグいです。

 

 

 

 

 

 

 

第5位

 

 

 

 

 

 

 

ミスターパーフェクト

 

 

 

 

 

 

 

 

田代誠選手

 

 

 

この方も過去に何度か日本一になっている選手です。

田代選手はやっぱり背中ですね。このボリューム感が最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4位

 

 

 

 

 

 

 

初の表彰台かと思いましたが、自己最高タイの4位!

 

 

 

 

 

 

ジュラシックこと

 

 

 

 

 

 

 

 

木澤大祐選手

  

 

バルク派ビルダー。過去最高の仕上がりです。

木澤選手の上腕二頭筋はまさにチョモランマ!

近くで見てもツンツンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位

 

 

 

 

 

 

ニックネームは知りません。

 

 

 

 

 

 

加藤直之選手

  

1つ1つのパーツがしっかりしていて、フリーポーズも躍動感があり、遂に初の表彰台です。

ボクと同い年です。

 

 

 

 

 

そして、残すはこの二人。

 

どちらが勝っても初優勝です。

 

 

 

 

 

 

 

第2位

 

 

 

 

 

 

 

天才。

 

 

 

 

 

 

 

 

須山翔太郎選手

 

 

 

写真がありません!

 

 

 

 

 

ポージングがキレイで見せ方が上手い選手です。

フリーポーズには魅了されてしまいます💛

昨年は3位。そして今年は2位。年々順位をあげているので、いよいよ来年か!と期待してしまいますね。

 

 

 

 

 

 

と、言うことは、

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスターアウトデラックス

 

 

 

 

 

 

 

 

横川尚隆選手

 

頭一つ出ていた感じで初優勝!

脚の太さはダントツでした。

上半身もデカいのにバランスも良く文句なしです。

見てもらえば分かると思いますので、写真でどうぞ。

 

 

 

 

 

素晴らしいです!

 

まだ年齢も25歳と若いので、これから何度も日本一を獲ることになると思います。

今後の活躍も楽しみです。

 

因みに、つい先日、日本時間の11月9日に行われた世界選手権の代表にも選ばれ、横川選手は75kg以下級で見事世界4位にもなりました。ユニバース初挑戦でこれも凄いことです!

 

 

 

 

↑表彰後のポーズ写真です

 

 

 

 

と、こんな感じで今年の日本選手権は終わりました。

 

 

終わったのが21時近くでしたので、このあとボクはダッシュで駅に向かいました。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categorised in: ,

This post was written by ベルリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA