内臓シリーズ 十二指腸編

2018年3月10日 12:00 pm

前回は胃について書きました。

 

今回は十二指腸について書きます。十二指腸は胃と小腸をつなぐ器官です。

 

十二指腸※は、指12本を横に並べた長さということに由来していますが、実際には指12本ぶんよりも長く、25cmほどあります。胃で消化された食べ物にすい液や胆汁などの消化液を混ぜて、空腸に送るはたらきをしています。
※十二指腸は正しくは小腸の一部ですが、一般的には空腸と回腸の部位を指して小腸といわれています。

 

十二指腸の働き

十二指腸の中間あたりには、胆のうからつながる胆のう管と、すい臓からつながるすい管の開口部があり、ファーター乳頭と呼ばれています。ファーターとは、発見したドイツ人解剖学者アブラハム・ファーターから名づけられました。
胃で消化された食べ物が十二指腸に入ってくると、さまざまなホルモンが分泌されます。ホルモンが胆のうやすい臓に、働きかけることによって胆汁とすい液が押し出され、ファーター乳頭から十二指腸の中に流れ込みます。胆汁やすい液によって混ぜられた食べ物は空腸に送られ、さらに消化・吸収が行われます。人間の身体はホルモンと脳のやり取りで、内臓の働きをコントロールしています。

 

十二指腸で分泌されるホルモン

セクレチン
胃液で酸性になった食べ物が入ってくると十二指腸の粘膜から分泌されます。アルカリ性であるすい液の分泌をうながしたり、胃液の分泌を抑えるようにはたらきかけます。

コレシストキニン
脂質の多いものが入ってくると十二指腸の粘膜から分泌されます。胆汁やすい液の分泌をうながします。

胃抑制ペプチド
ブドウ糖や脂質が刺激(しげき)となって十二指腸の粘膜から分泌されます。胃液の分泌を抑えるようはたらきかけます。

 

十二指腸の病気、十二指腸潰瘍

十二指腸の粘膜がただれ、傷ついてしまう病気です。十二指腸の粘膜は薄いので、出血したり穴があいてしまうことも起こります。胃に近い部分に多く見られます。

 

症状

空腹時、特に夜間にお腹の上の部分に痛みを感じることが多く、吐(は)き気、胸やけなどが起こる場合もあります。穴があいている場合は激痛が起こります。穴から消化中の食べ物が流れ出して炎症を起こしてしまい、すぐに手術を行わないと生命に関わる場合もあります。

 

原因

胃から分泌される胃酸の影響を受けています。 ストレス、食事、喫煙、薬剤などの影響により、粘膜を守るはたらきが弱くなってしまい、胃酸が十二指腸の粘膜を溶かしてしまいます。 十二指腸の粘膜は胃と比べて酸に弱いため、胃酸の分泌が多いと傷つきやすくなります。また、ヘリコバクター・ピロリ菌が大きな原因になっていると考えられています。 十二指腸潰瘍の患者さんの約95%がヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているといわれています。

 

治療

症状に合わせて胃酸の分泌を抑える薬や粘膜を守る薬を使います。ヘリコバクター・ピロリ菌に感染している場合は菌を除去する薬を使います。 潰瘍から出血している場合は内視鏡による止血を行います。 安静にして、たばこ、アルコール、熱いものや辛いものなどの刺激の強い食べ物を避け、消化のよいものを食べるようにすることが大切です。くわしくは、医師に相談しましょう。
※ヘリコバクター・ピロリ菌とは:胃の幽門部〈十二指腸につながる出口付近〉にすむ一種の細菌。尿素を分解して酸性環境でも生息できる。胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因菌として注目されている。

 

今日はここまでにします。川出でした。

Categorised in:

This post was written by ベルリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA