読書

2018年1月25日 5:32 pm

こんにちは、加藤です。

 

子供の頃(・・・というか大学生の頃)までは本なんて全く読んだことがなく、興味のかけらもなかったのですが、なぜか30歳頃から本を読みだすようになりました。なぜ読むようになったのか、きっかけが何かあったわけではないのですが、何となくの気分で少しずつ読むようになりました。夏休みに課題として出された読書感想文でもあまり読まず、「あとがき」を少し書き方を変えほぼ丸写しの状態で提出していたくらいで、読むことに楽しみも何も見いだせず、「本を読んで何が楽しいんだ」と思っていたのに・・・変わるものですね。ものの見方や考え方が変わってきていることを実感します。

よくよく当時を振り返ってみると、「そういえば・・・」と思い当たる節がありましたが、たいしたことではないので、それはそれとして触れずにおいておこうと思います(笑)。

 

(続きはまた・・・)

Categorised in:

This post was written by ベルリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA